タダリスとは!?どういった薬?

タダリスとは タダリスとは、勃起不全治療薬として知られるシアリスのジェネリック医薬品です。 正式名称は「タダリス-SX」でインドの大手製薬会社AjantaPharma社(アジャンタ・ファーマ社)によって製造・販売が行われ

ジェネリック

タダリスとは



タダリスとは、勃起不全治療薬として知られるシアリスのジェネリック医薬品です。
正式名称は「タダリス-SX」でインドの大手製薬会社AjantaPharma社(アジャンタ・ファーマ社)によって製造・販売が行われています。主成分はシアリスと同様のタダラフィルで、「タダリス」という商品名の由来もこの「タダラフィル」からきています。
タダリスの形状は楕円形で、色はシアリスと同じ黄色になっており、1錠10mgと20mgの2種類です。価格は、同じ主成分のシアリスの場合1錠(20mg)あたり2,000円程度なのですが、タダリスは1錠(20mg)あたり400円~500円とかなり安価なため、原産国のインドはもちろん、世界中から高い人気を得ています。

しかし、タダリスはシアリスのように世界各国で承認されているのではなく、インド国内のみでしか承認されていません。また、製造方法や製造場所もシアリスとは全く違うので、正規品のシアリスと比べると安全性が不安な点もあります。

タダリスの効能

タダリスの主成分は、シアリスと同様の「タダラフィル」です。
このタダラフィルは、勃起を抑制するホスホジエステラーゼを阻害する作用があり、服用することで勃起を促進します。タダラフィルは水に溶けにくいという性質があるので即効性はありませんが、時間を掛けて身体に吸収されるためタダリスもシアリス特有の持続力を実現しています。タダリスの持続時間はシリアス同様、10mgで24時間~30時間、20mgで30時間~36時間と、バイアグラのシルデナフィルやレビトラのバルデナフィルの数倍の持続力があります。

ですので、服用方法を守ることで服用後、長時間にわたって効果を実感することができるのです。しかし、中にはタダリスを飲むだけで直ぐに勃起するという誤った考えを持っている方もいます。タダリスには、性的興奮や性欲を増進させる作用はないので、服用するだけで勃起することはありません。あくまで勃起したペニスを補助する作用のある薬なので、パートナーとの性交や接触により性的な刺激を受ける事で効果を発揮します。

タダリスの効果的な服用方法

タダリスはシアリス同様に食事の影響を受けにくいとされていますが、やはりバイアグラ系、レビトラ系同様、空腹時の方が断然効果的です。薬の血中濃度のピークは個人差もありますが、投与後0.5~4時間(3時間:中央値)程なので、空腹状態の性行為3時間前の服用か、食事をとる場合は食事の3時間前が一番良いといえます。食後に服用する場合は、食事内容に注意が必要です。

特に油分の多いものは、薬の吸収が非常に悪くなり、その分効果も弱くなってしまいますので避けるようにしましょう。油分の少ない軽食であれば食後2時間程度あけてから、油分の多い食事の後であれば可能な限り時間を空けて服用するようにしましょう。

服用後は、マイルドに作用し長時間効果が続きます。成分を体内に吸収した後は、多少のアルコールや食事の影響も受けなくなるので、他のED薬ほど時間や食事を気にする必要がないので利便性があるといえます。間隔をあけないで服用すると、血中濃度が高くなり過ぎて副作用が強く出てしまう可能性もあるので、24時間は空けて次の服用をするようにしましょう。

タダリスの副作用と注意点

タダリスの副作用は、身体のほてり、消化不良、頭痛、眼の充血、鼻水・鼻づまり、めまい、動悸、腰背痛・筋肉痛、腹痛、下痢、口内乾燥などが報告されています。

しかし、用法用量や注意点が守れていれば重症に陥ることはほとんどないといわれています。注意点としては、タダリスの主成分のタダラフィルは、飲み合わせの相性が悪いため併用しての服用を禁止している併用禁忌薬があります。併用禁忌薬はシアリスと同じで、狭心症や心筋梗塞の代表治療薬のニトログリセリンなどの硝酸剤や一酸化窒素供与剤などがあげられます。これらは、タダリスと併用して服用することで血圧が下がり過ぎて心停止の恐れがあるためです。
また、心血管系障害のある方や低血圧の方、治療による管理がされていない高血圧の方なども服用できません。

初めてご使用される方で、既に常用薬がある方は掛かりつけの病院などで相談した後服用するようにしましょう。また、タダリスは偽物もインターネット上では多く出回っています。インターネットなどでの個人輸入は何があっても自己責任なので十分な注意が必要です。

ページの先頭へ戻る