レビトラの副作用について

レビトラの一般的な副作用 レビトラの一般的な副作用としては、「ほてり」「鼻づまり」などがあげられます。「ほてり」の副作用は、レビトラの血管拡張作用により、全身の血流が良くなるため体全体に温かさを感じるのです。ですので、こ

レビトラ

レビトラの一般的な副作用



レビトラの一般的な副作用としては、「ほてり」「鼻づまり」などがあげられます。「ほてり」の副作用は、レビトラの血管拡張作用により、全身の血流が良くなるため体全体に温かさを感じるのです。ですので、これは副作用と言うよりは、体の自然現象と見るべきで、レビトラの効果の現れでもあります。

次によく出る症状が「鼻づまり」ですが、これもレビトラの血管拡張作用により血管が拡張するため、狭い鼻の穴の中がより狭くなるため鼻づまりが起こります。レビトラによる鼻づまりはそんなに酷いものではなく、一時的なものがほとんどで薬の効果が切れると徐々に改善していきます。

あまり出て欲しくない、よく現れる副作用に「頭痛」があります。頭痛の度合いには個人差があり、全く出ない人や、軽くでる人、重い人まで様々です。頭痛の副作用が重い方は、バイアグラ・シアリス・ステンドラ(一般名:アバナフィル、国内未承認)などの他のED治療薬を試してみましょう。

他にも「動悸」や「目の充血」などもよく現れる副作用で、これらは、レビトラに限らずバイアグラなどの他のED治療薬の服用者のほとんどに現れる症状になります。

海外で実施された臨床試験では、上記以外によく現れる副作用として「消化不良」や「色覚変化」なども認められています。いずれにおいても、レビトラの効果が切れると同時に治まっていく一時的なものですので、あまり心配する必要はないです。

ただし、症状が重すぎたり、長時間治まらない場合は必ず医療機関で相談をするようにしましょう。特に、4時間以上の勃起や痛みを伴う「持続勃起」のような副作用が出た場合は、そのまま放置してしまうと、陰茎組織の損傷や勃起機能不全を招く恐れがあります。ですので、このような副作用が出た場合は、早急に医療機関に相談し、適切な処置を受けるようにしましょう。

レビトラの副作用の出る部位と症状

こちらでは、レビトラの副作用の出る部位と症状をまとめました。心配のいらない軽い症状や、重度のものまで様々ですが、下記のような副作用が出た場合には、必要に応じて、投与を中止したり、医師に相談して適切な処置を行なうようにしましょう。

■感覚器
・視覚異常
・霧視
・彩視症
・結膜炎
・眼痛
・羞明
・耳鳴
・緑内障
・流涙

■精神神経系
・頭痛
・めまい
・感覚鈍麻
・不眠症
・異常感覚
・傾眠
・眩暈
・緊張亢進
・不安
・一過性全健忘

■呼吸器
・鼻づまり
・呼吸困難
・副鼻腔うっ血
・鼻出血

■皮膚
・そう痒症
・発疹
・発汗
・紅斑
・光線過敏性反応 

■循環器
・ほてり
・顔面浮腫
・高血圧
・低血圧
・心悸亢進
・起立性低血圧
・頻脈 
・狭心症
・心筋虚血
・失神
・心筋梗塞

※心筋梗塞は、レビトラとの因果関係は明らかではないですが、海外において市販のレトビラを服用した後、心筋梗塞が発症したことが報告されています。

■肝臓
・肝機能検査異常
・γ-GTP上昇

■筋・骨格系
・筋肉痛
・背部痛
・関節痛
・頚部痛

■消化器
・消化不良
・嘔気
・腹痛
・下痢
・口内乾燥
・胃炎
・嘔吐
・食道炎
・胃食道逆流
・嚥下障害

■その他
・無力症
・胸痛
・灼熱感
・CK(CPK)上昇
・異常感
・射精障害
・持続勃起
・勃起増強(勃起時疼痛等)
・アナフィラキシー反応 
・インフルエンザ症候群

ページの先頭へ戻る