EDの原因と治療方法

原因

EDとは EDとはErectile Dysfunctionの略で、日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されます。EDは十分な勃起が得られなかったり勃起状態が維持出来ず、満足な性行為ができない状態を差します。 日本人男性(

その他

EDとは

原因

EDとはErectile Dysfunctionの略で、日本では「勃起障害」「勃起不全」と訳されます。EDは十分な勃起が得られなかったり勃起状態が維持出来ず、満足な性行為ができない状態を差します。

日本人男性(成人)のED人口調査によると、たまに勃起、性交中勃起は維持できる中等度EDの方と、勃起せずに性交不可能な重度EDの方は、1,800万人と報告されています。年代別に見ると、40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中等症以上のEDという結果となっているので、かなり深刻な問題です。

EDは男性である限り、誰でもなり得る可能性のある身近な疾患なのです。

EDの症状

EDの症状はまったく勃起が起こらないケースに限らず、「勃起するけれど、持続ができない」「挿入できても途中で抜けて萎えてしまう」など人によって様々です。つまり、自分の意思とは裏腹に機能が追い付かず、満足な性行為ができないことがEDの症状なのです。

通常、性的な刺激を受けると、脳による興奮が神経を介して陰茎に伝わります。すると陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がり血液が流れ込みます。その血液をスポンジ状の海綿体(かいめんたい)が吸い込み、大きく膨らんだ状態がいわゆる勃起という現象です。EDの場合、神経や血管に何らかの問題があり、動脈の拡がりが不十分で、海綿体に十分な血液が送り込まれなかったり、硬くなるのに時間がかかったり、勃起が十分続かなかったりします。

EDの原因

<1.生活習慣病>
糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病は血管に負担をかけるため、それらが原因で動脈硬化が進行してしまう可能性があります。動脈硬化は全身病の一環と考えられていますし、陰茎を通る動脈の動脈硬化が進むとEDを引き起こす大きな要因になります。
そのため、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、心血管障害など血液循環に関連する生活習慣病はEDを引き起こす原因になってしまうのです。また、喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられています。そのためEDが気になる方は、まず生活習慣を見直して改善するようにしましょう。

<2.心理的な要因>
心理的な要因で起こるEDのことを「心因性 ED」といいます。「心因性ED」の原因は大きく分けて現実心因と深層心因の2つがあります。現実心因とは、仕事や家庭などの日常生活におけるストレスが原因でEDを起こす場合です。
過去の性交がうまくいかなかったことや結婚生活がうまくいかない、経済的なストレスがある、心身ともに疲れているなど自分自身で原因に見当がつくものが現実心因となります。深層心因とは、日常生活にストレスは感じないものの、幼いころの体験や性的トラウマなど過去に起こったことが心の深層にあり、それが原因でEDを起こす場合です。
このような現実心因や深層心因が原因で性的な興奮が神経を通してスムーズに陰茎に伝わりにくくなり、EDを引き起こします。現実心因はカウンセリングや薬の服用で治る場合が多いですが、深層心因の場合、意識下の世界に原因があるため原因の解明に時間がかかり、治療が難しいケースが多いようです。他にも最近では、うつ病によるEDも増加しています。

<3.血管の障害と加齢>
上記でも説明したように勃起は動脈の拡張によって陰茎へ血液が流れ込むことが必要です。しかし、血管の障害により動脈が硬くなって血管が十分に拡がらない状態になると、陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まなくなるためEDの症状が現れます。また、病気がなくても30歳を過ぎると加齢と共に血管は老化してくるため、動脈硬化がEDの原因となる場合もあります。

<4.神経の障害>
神経には脳を含む中枢神経と、脳と末梢をつなぐ脊髄神経、身体全体につながる末梢神経があります。正常に勃起をするためには、これらの神経を通して陰茎にシグナルを送ります。しかし、神経が障害を受けるとそのシグナルを陰茎まで送ることができなくなってしまうため、EDの原因となってしまうのです。
神経系の異常としては、糖尿病やパーキンソン病などの内的要因や前立腺がんや膀胱がん治療の影響による神経の損傷、不慮の事故による脊髄の損傷など外傷が原因となることもあります。他にも、脳出血、脳腫瘍などの脳の病気によるものがあります。

<5.特定の薬による影響>
服用している薬剤が原因でEDを引き起こす場合があります。若い世代で抗うつ薬・向精神薬・睡眠薬を服用している方や、年齢に関わらず降圧剤を服用している方などは、薬が原因でEDになっている可能性があります。具体的なEDを引き起こす可能性のある薬剤は下記のものがあげられます。

●降圧剤
サイアザイド系利尿剤・ループ利尿剤・K 保持性利尿剤・中枢交感神経抑制剤・末梢性交感神経抑制剤・血管拡張剤・α 遮断剤・αβ 遮断剤・β 遮断剤・Ca 拮抗剤・ACE 阻害剤・アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤

●抗うつ剤
三環系抗うつ剤・SSRI

●抗精神病剤
フェノチアジン系・スルピリドなど

●抗てんかん剤
イミノスチルベン系

●睡眠剤
バルピツール酸系

●抗潰瘍剤
H2 受容体拮抗剤・抗ドパミン剤・スルピリド

●抗男性ホルモン剤
抗アンドロゲン剤・LH-RH アナログ

●脂質異常症治療剤
スタチン系・フィブラート系

重度の肝障害がある方

シアリスを服用すると肝臓で代謝され体外に排出されます。そのため、重度の肝障害がある方は、血液中のシアリスを体外に排出する働きが低下する可能性があります。そうすると、血漿中濃度が増大する可能性があるため、重度の肝障害がある方は服用禁止となります。

EDの治療方法

EDの治療方法としてまずは、バイアグラをはじめとするED薬の服用を試すことがオススメです。近年ではED治療薬を服用し、その結果で判定するのが主流となっていますし、何より気軽に試すことができます。日本ではバイアグラとレビトラ、シアリスの3種類が代表的な治療薬として販売されています。

EDの症状は、治療薬の服用により80%の方が改善されていると言われています。これらのED治療薬は陰茎の血管を拡張し、血流を良くする作用があり、医療機関で医師の問診を受け処方してもらうことができます。また、EDの要因となるような病気を患っている方は、原因に応じた対策をとりEDを進行させないようにすることが重要です。例えば生活習慣病の方は、生活習慣を見直して改善することや、治療薬で血糖値や血圧を正常に保ち続けることも大切です。

心因性EDの場合も、ED治療薬の服用があげられます。ED治療薬を服用することで、満足な性行為ができるようになればストレスも軽減されますし、自信を取り戻すことができ改善に繋がります。深層心因が原因である場合はカウンセリングなどを合わせて実施するケースもあります。特定の薬による影響の場合は、簡単に言ってしまうと薬を服用するのを止めることが薬剤性EDの改善になります。

しかし、医師により処方された治療薬は今患っている病気を治すために必要なものなので、服用するのを辞めると悪化してしまう恐れがあります。ですので、特定の薬による影響でEDになっている方はある程度我慢しなければなりませんが、病気が改善され薬を飲む必要がなくなってしまえば自然とEDも改善されるのです。ただそれでもEDが気になる場合は、一度医師に相談することも一つの手です。相談することで、EDの副作用がない或いは少ない別のタイプの薬に替えてもらえることもあります。ですので、担当の医師にしっかり現状を伝え、一緒に良い方向性を探っていくことが一番の治療方法と言えます。

ページの先頭へ戻る